会津若松観光では、会津武家屋敷を紹介していますす

会津武家屋敷

基本情報
名称 会津武家屋敷
所在地 〒965-0813 会津若松市東山町大字石山字院内1番地
開館時間 午前8:30~午後5:00
入場料金 大人850円
電話番号 0242-28-2525
HP こちら
駐車場 無料駐車場

会津武家屋敷 入場券割引 JTBレジャーチケットコンビニで買う会津武家屋敷入場券割引チケット
スポンサードリンク

会津武家屋敷

会津武家屋敷は7000坪の敷地に会津藩家老西郷頼母邸を中心に復元、 重要文化財の旧中畑陣屋、茶室、 藩米精米所、会津歴史資料館などその当時の武家の暮らしを知る事が出来ます。
その中で会津藩家老、西郷頼母邸第二資料館には戊辰戦争で西軍が乱入したとき、 西郷頼母の家族や親戚ら21人が辞世の句を残し、自刃した場が再現されていました。
西郷頼母の妻、八重子の辞世の句
「なよたけの風にまかする身ながらも. たわまぬ節はありとこそきけ」
はあまりにも有名でこの家族の受難は戊辰戦争の悲話として紹介され、 そのため頼母は会津藩に最後まで忠誠を尽くした忠臣であるとの好意的評価もされているようです。
果たしてそうなのでしょうか?、、、
鶴ケ城、籠城の折には長男と共に出奔。戦争降伏後は行方知れずのため戦争責任として、替わりに身代わりとなって家老 萱野権兵衛が切腹。
彼は明治後半まで生きのび、74歳没。
時代の評価は別れる処です。

八重子さん、
あなたの弱竹(なよたけ)は今も、
戊辰の風に負けじと会津の空で戦(そよ)いでいますか。。。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

↑ PAGE TOP