会津と戊辰戦争について考察

会津と戊辰戦争

会津戦争 会津戦争
薩摩藩・長州藩を中心とする明治新政府軍と、会津藩およびこれを支援する奥羽越列藩同盟などの徳川旧幕府軍との戦いです。
白虎隊 白虎隊
会津戦争に際して会津藩が組織した、16歳から17歳の武家の男子によって構成された部隊が白虎隊です。
新撰組 新撰組
幕末の京都、諸藩から尊王攘夷・倒幕運動の過激派志士が集まり、治安が悪化。 その反幕府勢力を取り締まる京都守護代、会津藩主の松平容保の下で活動した武装組織が新撰組です。
スポンサードリンク

会津家訓 会津家訓
会津藩祖保科正之は晩年58歳の時に十五カ条からなる会津家訓十五カ条が作成されました。 会津藩主保科家及び会津藩士にの精神的規範です。
什の掟 什の掟
藩校日新館は五代藩主松平容頌が家老田中玄宰の意見を取り入れ1803年設立されました。 その中の幼児教育の一環として什の掟が唱和されました。
会津っぽ 会津っぽ
「~っぽ」の 接尾 はweblio辞書によると、名詞に付いて,そのような立場・状態にある人, その土地出身の男などの意を表す、、、と記して有りました。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

↑ PAGE TOP